新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月16日 10時32分 UPDATE

中村吉右衛門主演「鬼平犯科帳」、残り2作品でフィナーレ

記念すべきシリーズ150本目で有終の美。

[ねとらぼ]

 中村吉右衛門さん主演のフジテレビ系時代劇「鬼平犯科帳」が残り2作品の放送をもって終了することが発表された。

 江戸時代後期、盗賊・凶賊たちから「鬼の平蔵」と恐れられた、火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)長官・長谷川平蔵を描いた池波正太郎さんの小説「鬼平犯科帳」(文春文庫刊)のドラマ版。1989年7月にドラマが開始してから2001年5月まで連続ドラマとして全137本、2005年2月放送からの単発スペシャルドラマで11本の計148本が放送されていた。

鬼平犯科帳

 12月18日放送の「鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸」(シリーズ149本目)、そして16年末と17年初頭に放送予定の「鬼平犯科帳スペシャル」(前後編2本/シリーズ150本目)をもってフィナーレとなる。

 今回の決定は、これまで「原作にないものはやってくれるな」という池波正太郎さんの遺言を守り、映像化可能と思われる作品をすべて使用した後は、複数の原作を組み合わせたり、過去作をアレンジしたりと工夫を重ねてきたがそれも限界を迎えたという理由が大きい。また、シリーズ150本目という節目にあたり、有終の美を飾りたいという思いもあった。

 中村吉右衛門さんは、フィナーレを迎えることについて「長いようで短かったです。多くの役者さんに出演していただいて、感謝しております」とコメント。原作に描かれているような人物のまま演じられたらいいと、常々思いながら演じていたという中村さんは特に、もっとも印象に残っている作品として1989年7月12日に放送された第1シリーズ第1話の「暗剣白梅香」を挙げている。「長谷川平蔵は、自ら行動する人物として描かれています。まだ若かったのですが、体力の限界まで使い切った作品です。その思いが強く残っております」と作品を振り返っている。

鬼平犯科帳 中村吉右衛門さんからの挨拶

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事