ニュース
» 2015年12月16日 12時15分 UPDATE

「沈まぬ太陽」上川隆也さん主演で連続ドラマ化、WOWOWで2016年春放送

テレビドラマ化は不可能とされてきた山崎作品きっての傑作がついに。共演は渡部篤郎さん。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 山崎豊子さんのベストセラー長編小説「沈まぬ太陽」が、2016年春にWOWOWで連続ドラマ化されることが発表されました。主人公・恩地元には上川隆也さん、ライバルの行天四郎役には渡部篤郎さんと、実力派俳優そろい踏みです。

上川隆也さん渡部篤郎さん 「虚心坦懐、臨みたい」と話す上川さん(左)と、「大変光栄なこと」と話す渡部さん

 主人公を演じる上川さんにとっては、自身の出世作となった「大地の子」以来21年ぶりの山崎作品。上川さんは「自らも50代に入り、一つの大きな節目を迎えたこの時に、山崎先生の作品に携わる機会を得られた事に、なんとも申し上げようもない御縁を感じます」とコメント。一方、渡部さんも「多くの原作ファンに納得して頂けるよう、楽しんで頂けるよう、心をこめて演じさせていただきます」とコメントしています。

「沈まぬ太陽」 山崎作品きっての傑作、奇跡のドラマ化(画像は番組公式サイトより)

 累計発行部数は700万部を超え、故・山崎豊子さんの最高傑作との呼び声も高い同作は、未曽有の大惨事となったジャンボ機墜落事故を中心に、巨大航空会社に籍を置く人々の人間模様を赤裸々に描いた社会派小説。2009年には渡辺謙さん主演で映画化され、日本アカデミー作品賞を獲得するなど話題になりましたが、壮大な物語や特定企業をモチーフにしていることなどからテレビドラマ化は不可能とされてきました。

沈まぬ太陽沈まぬ太陽沈まぬ太陽 原作は3部構成の長編

 WOWOW開局25周年記念作品と銘打たれた本ドラマでは、アフリカ、中東での海外ロケを敢行。脚本には前川洋一さん、監督には鈴木浩介さんと、「マークスの山」や「下町ロケット」を手がけたコンビを起用し、同局最長となる2部構成全20話に及ぶ大きな枠での放送となります。

ADAKEN

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  5. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  6. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  7. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  8. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  9. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー