新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月17日 12時25分 UPDATE

声優・小松未可子さん、ねとらぼ編集部にやってきた 亜人とともに

3部作での劇場アニメ化、1月からはテレビアニメの放送も始まる「亜人」で下村泉を演じる声優の小松未可子さんがやってきたぞー。ん? 何か「じゅわじゅわ」って音がする……?

[西尾泰三,ねとらぼ]

 声優の小松未可子さんが、アニメ「亜人」のPRのため、ねとらぼ編集部に来襲しました。もちろん、亜人を引き連れて。クロちゃんかな?(下村泉は黒い幽霊“IBM”を「クロちゃん」と呼んでいる)

小松未可子さんとIBM 小松未可子さんとIBM

 3部作での劇場アニメ化、そして1月からはMBS系列“アニメイズム”枠にてテレビアニメの放送も始まる「亜人」は、桜井画門さんが「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中のマンガが原作。

 劇場版を先に持ってくるスタイルは珍しいですが、現在ロングランが決定し、12月17日まで上映中の第1部「亜人 -衝動- 」は、小松さんも「亜人が動くとこうなる、というのは、マンガだと脳内補完の部分が多くあると思いますが、アニメは高い映像クオリティーで、亜人のおぞましさなどがグロテスクすぎずに感じていただけると思います」と太鼓判です。

 制作は「シドニアの騎士」などの制作でも知られるポリゴン・ピクチュアズ。未知の物質で構成される亜人の黒い粒子の描写など、全体的によい意味でポリゴン・ピクチュアズ“らしさ”が随所に表れており、それでいて変に奇を狙おうとしない安心感があります。また、音響についても、「収録のときも劇場で流れることを想定した音響で録っていたので、ぜひ劇場でそれを聞いていただきたいですね」(小松さん)としています。

tnfigkuro004.jpg ポリゴン・ピクチュアズの3DCG映像に注目(劇場アニメ「亜人 -衝動- 」第2弾本予告より)

 「演出的にも割と実写に近い表現が採られていて、いい意味でアニメーションという感じがあまりせず、皆さんナチュラルに演じていて、作品に入り込みやすいと思います」(小松さん)

 妹にまで「一言で言えば“クズ”」といわれてしまうほど他人の心を一切くまない言動で孤立しがちな主人公・永井圭が交通事故をきっかけに、何度死んでも生き返る亜人であることが判明するところから物語が動き始める同作。

 小松さんが演じるのは、下村泉という作中では貴重な女性キャラクター。名前を“トザキ”と読み間違えられることに不快感を覚える厚生労働省亜人管理委員会の責任者・戸崎優(トサキ ユウ)の秘書兼ボディーガード。小松さんは「あまり感情を表に出さない役を務めさせていただくのは自分の経験でも少なかったんです。作品もシリアスな雰囲気なんですが、泉についてはところどころボケというか、シュールな部分があって、それが個人的には彼女の救いのような部分だと感じましたね」と下村泉というキャラクターを評しています。

小松さん演じる下村泉 小松さん演じる下村泉(劇場アニメ「亜人 -衝動- 」第2弾本予告より)

 プレスコ(セリフなどを先に収録する手法)で制作されている同作。今後の展開について小松さんは、詳細は伏せたものの「ニヤッとするような」という表現で、アニメの展開に含みを持たせてくれました。

小松未可子さん 「作品のテーマ的には、死んで初めて生きることを意識するというか、何を原動力にして人は生きているのかを考えさせられる」と小松さん
亜人・佐藤を想起させるねとらぼ編集部のポーカーフェイスと小松さん 亜人・佐藤を想起させるねとらぼ編集部のポーカーフェイスと小松さん
アイティメディアが誇る若きマンガモンスター、SとIBM。ノリノリだぜ! アイティメディアが誇る若きマンガモンスター、SとIBM。ノリノリだぜ!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事