ニュース
» 2015年12月16日 16時55分 UPDATE

カナダの会社が“ロッキー山脈の新鮮な空気”をネットで販売 中国で好評

大気汚染が深刻な地域に需要があるもよう。

[ねとらぼ]

 カナダ・アルバータ州の起業家がロッキー山脈の新鮮な空気を缶に詰めて販売しています。その名も「VITALITY AIR」。なんでも大気汚染が深刻化した中国、アフガニスタンなどでよく売れているそうです。

vitalityair 公式サイト

 創業したのはモーゼスさんとトロイさん。「新鮮な空気を売る」のは冗談半分のアイデアだったそうですが、試しにネットで販売したところ成功。カナダ放送協会のインタビューによると、オークションサイト「eBay」に出品した際、初回は99セント(約120円)でしたが、2回目に168ドル(約2万円)の値段が付いたとのこと。現在は容量に応じて15ドル(約1800円)から販売しています。

vitalityairvitalityair 商品

 「新鮮な空気は健康に不可欠であり、誰もがそれを得る権利を持つべきだが、場所によっては必ずしも可能ではないことを我々は知っている」(公式サイト)。今後は中国を中心とした海外での事業拡大を見込んでいます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  5. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  6. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  7. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  8. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー