ニュース
» 2015年12月17日 18時01分 UPDATE

シンプルなのに奥が深い! 「大富豪」と「ダウト」を組み合わせた新ゲームアプリ「ミリオンダウト」登場

豪華メンバーによる大会も開催。

[たろちん,ねとらぼ]

 トランプゲームの定番「大富豪」と「ダウト」を組み合わせた新しいゲームアプリ「ミリオンダウト」が、ウォッチゲームズから登場します。Android版とブラウザ版(PC/スマホ対応)は12月下旬、iOS版は審査完了次第リリース予定。

ミリオンダウト ミリオンダウト

 基本ルールは大富豪と同様、配られた手札を順番に場に出していき全てを無くすまでの早さを競うというもの。細かなルールは「革命」「8切り」「11バック」「色縛り」のみで、あがりカードの制限はなし。さらに「カードを裏向きに出せる」というのがミリオンダウトの特徴で、そのカードが本当に場に出せるカードなのかどうかを見抜く「ダウト」の要素が追加されています。

ミリオンダウト ルールは基本的な大富豪と同じ

ミリオンダウト ローカルルールもシンプル

 ダウトに成功すると、場に出されたカードの中から「ペナルティカード」を選んで敵に押しつけることが可能。本来のダウトでは場に出たカードを全て押しつけていますが、ミリオンダウトでは強いカードや便利なペアカードなどは除外してより不利なカードだけを渡すことができます。

ミリオンダウト 上手く使えば効率的に手札を消化できる「裏札」

ミリオンダウト 「ダウト」を見抜かれてしまうと手痛いペナルティが

 アプリは1対1で戦うゲームになっており、勝利時の「相手の残り手札の枚数」が得点になるというのもポイント。この得失点をもとにレーティングを計算しており、接戦で勝つよりも「手札が11枚以上になると負け」というルールで勝ったほうがはるかに大きなポイントを得られます。つまり、上位に行くためにはより相手をだまして大勝することが重要で、大富豪の戦略性とダウトの心理戦のどちらの要素も上手く盛り込んだシステムになっています。シンプルなのにすげえ奥が深い……!

ミリオンダウト 勝敗だけでなく「得点」を意識した立ち回りがカギ

 アプリリリースに先立って、マンガ投稿サービス・少年ジャンプルーキーではミリオンダウトをカイジ風にWebマンガ化した「詐欺富豪」を掲載中。さらに勝間和代さん(経済評論家・プロ雀士)、山本一成さん(将棋ソフト「Ponanza」開発者)、木原直哉さん(ポーカー世界チャンピオン)、とつげき東北さん(ベストセラー「科学する麻雀」著者)の4人が実際にミリオンダウトを行った大会の模様も、12月26日からYouTubeにて公開される予定となっています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー