新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月19日 16時05分 UPDATE

地球からたった14光年! 最短距離の地球型惑星を発見

その名もウルフ1061c。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 地球からたった14光年という距離に、生命が存在する可能性のある惑星が発見されました。これまで見つかった中ではもっとも近いとのこと。

ウルフ1061c 地球からの距離はたった14光年

 この惑星は地球から14光年離れた、「ウルフ1061」を周回する3つの惑星のうちの1つ「ウルフ1061c」。極端な暑さや寒さが無く、液体の水が存在し得ることから“ハビタブル(居住可能な)惑星”であると判明しました。

ウルフ1061c ウルフ1061cには生命が存在する可能性があるとのこと

 発見したのはオーストラリアのニューサウスウェールズ大学で、研究チームのリーダー、ダンカン・ライト氏は「これまで見つかった居住可能な惑星の中でももっとも近く、宇宙の広大さに目を向けるにはとても魅力的である」と述べており、同チームメンバーのロブ博士も「生活出来るかどうかを確認するために、この惑星の大気の調査を検討する」と発言しています。

ウルフ1061c ウルフ1061の周りの星々、ここにあるウルフ1061cというのが今回発見された“ハビタブル(居住可能な)惑星”です

 意外にも地球から近いところに存在した、“ハビタブル(居住可能な)惑星”。SF映画みたいに、惑星から惑星に移り住む日もそう遠くはないのかもしれません。

(大里ミチル)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事