新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月21日 14時59分 UPDATE

映画「デス・ノート」が間もなく劇場公開 あれ? デスノってこんなのだっけ?

ノートに名前を書かれたら死ぬ、しか合ってねぇぇぇぇ!

[深戸進路,ねとらぼ]

 来たる2016年1月5日、海外版の映画「デス・ノート」が劇場公開されます。……とは言うもののこの映画、あのマンガ「DEATH NOTE」とは全くの別物。同作をベースに来春から製作開始予定とされているハリウッド版とももちろん関係ありません。紛らわしいな!

映画「デス・ノート」 1月5日から公開予定の映画「デス・ノート」(画像は映画.comより)
そうそう、ライトはってこんなヤツだったね……ってんなわけあるか! そうそう、ライトってこんなヤツだったね……ってんなわけあるか!(画像はLet Us Preyオフィシャルサイトより)

 実はこの作品、2014年に英国などで公開された「Let Us Prey」というタイトルのホラー映画。日本での公開に合わせて邦題を「デス・ノート」としているようです。「ノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という設定はあるようですが、その内容は血しぶきが飛び交うなどゴア表現たっぷりのスプラッタホラー。配給会社が「デス・ノート」のタイトルを拝借したと思われます。

 大事なことなので2回書きますが、こちらの映画はあの「DEATH NOTE」およびハリウッド版DEATH NOTEとは全くの別物。しかし、同作はブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞するなど、これはこれで内容が気になる一作です。ホラー映画「デス・ノート」は2016年1月5日からヒューマントラストシネマ渋谷で、同年2月14日からシネ・リーブル梅田で公開されます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事