新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月21日 16時15分 UPDATE

スター・ウォーズ新作、動員ランキングで妖怪ウォッチにまさかの敗北

これがジャパニメーションの強さ……!

[塚本直樹,ねとらぼ]

 12月21日に発表された全国映画動員ランキングで、19日に公開された「映画 妖怪ウォッチ閻魔大王と5つの物語だニャン!」が1位を獲得したことが判明しました。18日に公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は2位、スター・ウォーズの新作が1位を逃す意外な事態となっています。

 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はスター・ウォーズシリーズの中では7番目となる「エピソード7」に相当します。監督はJ・J・エイブラムスで、制作はウォルト・ディズニー・カンパニー。米国ではハリーポッターを超える過去最高の初日興行収入をたたきだし、全世界でも大ヒットが期待されています。

 一方、「映画 妖怪ウォッチ閻魔大王と5つの物語だニャン!」はアニメ「妖怪ウォッチ」の劇場第2作。作中ではエピソード1からエピソード5までの物語が同時に進行するなど、偶然ではありますがスター・ウォーズと不思議なつながりを感じさせます。日本での公開劇場数はスター・ウォーズ/フォースの覚醒の371館よりも少ない358館でした。

 この結果に対し、Twitterでは驚きの声も上がると同時に「家族で見られる妖怪ウォッチの方が数字が出るのは自然」という、冷静なツッコミも入っています。子どもの付き添いで妖怪ウォッチを見た層がこの差を生んだということでしょうか。

塚本直樹

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事