新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月21日 21時07分 UPDATE

2016年春の花粉飛散予測

2016年のスギ花粉の飛散開始時期は、西日本と東日本で平年より早まるでしょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
花粉 2016年春のスギ花粉飛散開始予測(前線図)

 2016年の1月と2月は西日本と東日本で気温が平年並みか平年より高くなる見込みです。この時期の気温が平年より高いと花粉の飛散が早まる傾向にあることから、2016年のスギ花粉の飛散開始時期は、西日本と東日本で平年より早まるでしょう。一方で、北日本は平年並みとなりそうです。

九州・四国を進む花粉前線

 花粉前線は、2月5日頃には九州や四国にまで到達する見込みです。また静岡でも飛散開始となるでしょう。花粉前線は次第に北上し、2月10日頃には中国地方から関東南部にまで到達する見込みです。また、スギ花粉は飛散開始と確認される前から、わずかながらもうすでに飛び始めています。2月上旬に花粉の飛散開始が予測されている地域では、1月のうちから花粉症対策をするのがおすすめです。

前シーズンに比べると……

 花粉の飛散量は、例年との比較では西日本や東日本では少ない予測の所が多いものの、前シーズンに比べると九州・四国・東海地方で多いかやや多く、非常に多く飛散するところもある見込みです。

花粉 前シーズンより福岡で3倍以上、愛知で4倍以上の飛散数予測

日々の生活からはやめの対策を

 実際にアレルギー症状が出てしまうと辛いもの……。花粉症の症状が出る前から薬による初期療法を始めると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中も症状を和らげることができます。また、ポリフェノールや乳酸菌が含まれる食品を摂るのも効果的と言われています。身近な食品の摂取は取り入れやすい対策ですね。本格的な花粉シーズンが到来する前から生活スタイルに合った対策を進めておきましょう。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事