新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月25日 17時55分 UPDATE

日本科学未来館「GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜」展示内容発表 新旧の名作150タイトルを実際にプレイ可能

開催は2016年3月2日から5月30日まで。

[ねとらぼ]

 日本科学未来館で、2016年3月2日から5月30日まで開催予定の企画展「GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜」。多くのゲームファンの注目を集めるこの企画展の、展示内容が発表されました。

GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜 GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜

 同展は2002年にイギリスで開催されて以来、世界中を巡回しているコンピュータゲームの展覧会。日本初上陸となる今回は、1970年代に大ブームとなった「スペースインベーダー」から近年のスマホゲームに至るまでの名作150タイトル以上をプレイ可能な状態で展示。ゲームの創成期から現在までの歴史を、プレイしながら学ぶことができます。

GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜 貴重なゲームから最新ゲームまでを体験可能

 また、東京オリジナルコンテンツとして「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマに、さまざまなインタビューやオリジナル映像を巨大ヒストリーウォールで展開。「ゲームが動く仕組みとは?」「なんで、ハマってしまうのか?」「開発者たちはどんな工夫をしているのか?」「各専門家がとらえるゲームとは?」といった問いに、各界のゲーム好き研究者や文化人、開発者たちが答えます。

 ゲーム体験を豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システムとして開発中の「PlayStation VR」を発売前に先行体験することも可能。ゲームとリアルをつないで新しい世界を作り出している最新コンテンツを紹介し、ゲームの未来をのぞくことができるようになっています。

 開催時間は10時から17時まで。入場料は大人1500円、18歳以下は750円(土曜日は650円)です(6歳以下の未就学児は無料)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事