ニュース
» 2015年12月25日 19時06分 UPDATE

映画「珍遊記」注目のメインキャスト発表 倉科カナやピエール瀧、「ばばあ」はあの人

分かってたけど、マジでやるんだな!

[深戸進路,ねとらぼ]

 実写化が決まり話題を呼んでいる映画「珍遊記」、主演の松山ケンイチさんに続きメインキャストとなる6人が発表されました。倉科カナさん、ピエール瀧さん、溝端淳平さんなど、作品に負けない個性的な布陣となっています。

映画「珍遊記」メインキャスト 映画「珍遊記」メインキャスト(東映公式サイトより)

 今回発表されたのは全部で6人。山田太郎とともに天竺を目指す僧「玄奘」を倉科カナさん、山田太郎の育ての親「じじい」を田山涼成さん、漫☆画太郎作品ではおなじみの「ばばあ」を笹野高史さん(男性です)、世界最強の武闘家「中村泰造」を温水洋一さん、「変身前の山田太郎」をピエール瀧さん、そして映画オリジナルキャラとなる「龍翔」を溝端淳平さんが演じます。

 NHK連続ドラマ小説「うぇるかめ」で主演を務めた倉科さんですが、本作ではお下劣なせりふや呪文を唱えながらのアクションシーンに挑戦。「凄い作品に参加してしまったなと....思いました」とコメントから、今までに見たことのない新たな倉科さんを見ることができそうです。また、原作者の漫☆画太郎さんとも親交が深いピエール瀧さんは全身に特殊メイクを施し、ド迫力の凶暴な演技を見せています。

珍遊記 松山ケンイチ 主演の松山さんとともに暴れまわる!(映画『珍遊記』トレーラーより)

 溝端淳平さん演じる映画オリジナルキャラ「龍翔」は、太郎に尋常じゃないくらいの恨みをもっている自称“太郎のライバル”。こちらも濃いキャラになりそうですが、溝端さんは撮影を振り返り「どこまで振り切れるのか?!その限界にも挑戦し続ける毎日は楽しかったです」とコメントしており、期待が高まります。

 監督は数々のギャグ作品や漫☆画太郎さん原作の「ババアゾーン」の映画化でも指揮をとった山口雄大さん。山口監督の下、個性的なキャスト陣がかつてない混沌(こんとん)を生み出すことが予想される映画「珍遊記」は、2016年2月27日より全国公開です。これはもう見るしかねぇ!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた

  1. これが画伯の力……! はいだしょうこ、草原で歌う爽やかなCMを一気に“画伯ワールド”へ引き込んでしまう
  2. くじ「BIG」で宇宙誕生レベルの奇跡が起こる 運営側「全くの偶然」 確率は0.0000000000000000000000000000001%以下
  3. ボーナスステージで壊されない……だと……!? ストIIとトヨタ「C-HR」がコラボ、車で一方的にボコられるベガ様をごらんください
  4. ビクセン公式Twitterが「けものフレンズ」ブームにのった宣伝で社長に呼び出される→説明を聞いた社長「アニメも観てみますね」とフレンズ化の道へ
  5. ちくわみたいなキツネがTwitterで話題に ぽっかり開けたお口と焼色に「ちくわにしか見えなくなった」
  6. “筋肉アイドル”才木玲佳のムキムキチャイナ服姿に「春麗だ」「かっこいい…でも…かわいい」と反響
  7. 天使な猫ちゃんに癒される ヒーターを消したら急須に移動した子猫がたまらないかわいさ
  8. 天敵に追われピンチになるも…… 「タコVSカニ」の戦いの結末が予想外だった
  9. 「なんだただの焼き立てロールパ……ん!?」 思わず二度見するロールパン状態の仔ギツネたちがかわいい
  10. 遊戯王カードに大きなルール変更 取引額暴落との噂も、ショップ店員「影響は2割程度のカードだけ」 ブックオフも買い取りを再開

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー