新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月27日 21時27分 UPDATE

28日も冬型続く 寒さと大雪いつまで

30日まで寒さが続く見込み。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
ah_tenki.jpg 26日、27日は実況(27日は午後6時まで)

 28日(月)も北海道や東北は日本海側を中心に雪。全国的に朝は冷え込み、日中も寒さが続くでしょう。仕事納めの方も多いと思いますが、寒さ対策は万全に。今回の寒さと大雪の見通しをまとめました。

27日は冬の嵐 厳しい寒さ

 27日(日)は、冬型の気圧配置が強まっています。北海道から新潟は日本海側を中心に広く雪が降り、今季一番の大雪となっている所もあります。

 今朝は北海道や東北を中心に今シーズン一番の冷え込みとなった所がありました。札幌は氷点下8度まで気温が下がり、サイダーが凍るほどの冷え込みとなりました。最高気温も北海度や東北、北陸の所々でこの冬、最も低くなりました。

寒さの見通し

 今回の寒さは30日(水)まで続くでしょう。30日(水)にかけて、冬日(最低気温が0度未満)地点は全国のアメダスの6割以上で経過しそうです。特に30日(水)は今シーズン最も多い地点で氷点下の冷え込みになるでしょう。最低気温は札幌は氷点下6度、東京や大阪は2度くらいまで下がりそうです。

 真冬日(最高気温が0度未満)地点は29日(火)ごろまで全国の2割以上で経過するでしょう。北海道や東北は所々で真冬日が続きそうです。札幌も29日(火)まで真冬日となるでしょう。

 東京は28日(月)と30日(火)は最高気温が10度に届かない見込みです。名古屋や大阪は10度前後までしか上がらないでしょう。

 31日(木)以降は寒さは次第に和らぎます。最高気温は北海道もプラスの所が多くなるでしょう。仙台も10度前後まで上がりそうです。特に1月3日は関東以西は15度くらいまで上がるでしょう。比較的暖かな年越しとなりそうです。

雪の見通し

 29日(火)にかけて冬型の気圧配置が続くでしょう。北海道や東北は日本海側を中心に雪が降り、さらに積雪が増える見込みです。風の強い状態も続き、ふぶく所もあるでしょう。帰省などで、移動の多い時期、交通情報にもご注意下さい。

 30日(水)以降はいったん冬型の気圧配置は緩むでしょう。日本海側の雪も弱まりそうです。その後、1日(金)にまた寒気が流れ込んできますが、今回に比べると弱く、広い範囲で大雪になることはない見込みです。

関連リンク

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー