新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月03日 19時55分 UPDATE

新年初の天体ショー しぶんぎ座流星群が4日夕方見ごろ

太平洋側は晴れる所が多く、観測のチャンスあり。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 2016年最初の天体ショーはしぶんぎ座流星群。三大流星群のひとつで、4日の17時頃に見頃を迎えます。太平洋側は晴れる所が多く、観測のチャンスあり。

天気

しぶんぎ座流星群とは?

 2016年の元日、太平洋側では初日の出を見られた所が多くなりました。

 2016年最初の天体ショーは「しぶんぎ座流星群」!! 三大流星群のひとつで、「しぶんぎ座」という名前は、現在は存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星座に由来しているそうです。放射点は北極星や北斗七星の周辺です。

 毎年、元日から7日頃にかけて出現し、今年は4日17時頃に見頃を迎えます。放射点が高くなる、4日と5日の未明から明け方にかけてが狙い目です。

 気になるお天気を、星空指数とともに見てみましょう。まずは4日(月)。

天気 太平洋側は観測のチャンスあり

4日に観測できる所は?

 北海道の日本海側から北陸は寒気の影響で雲が広がりやすく、雪や雨。東北の太平洋側、そして沖縄も雲に覆われ、観測にはあいにくのお天気でしょう。

 一方、北海道の太平洋側と関東、東海から九州は晴れる所が多い見込みです。放射点が高い時間帯は下弦過ぎの月明かりがあるものの、観測のチャンスがありそうです。

 朝晩の冷え込みもこの時期としては弱いため、毎年、寒くて断念していたという方も、星空を見上げてみるとよいでしょう。続いて5日(火)。

天気 太平洋側も雲が多め

5日に観測できる所は?

 5日の未明が観測に適した時間帯ですが、太平洋側でも雲に覆われる範囲が広がりそう。チャンスがあるのは、主に東海から北の太平洋側。

 雲の多い晴れですが、気長に空を眺めてみるとよさそうです。東北の太平洋側は4日より5日の方が観測しやすいでしょう。お正月休みが長い方は、夜更かしするか、少し早起きして、冬の星座とともに楽しんでみてはいかがでしょうか。冷え込みは弱いとはいえ、暖かい飲み物や防寒グッズはしっかり用意してくださいね。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事