新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月04日 13時08分 UPDATE

ハンドモーションでVRをコントロールするデバイス「rink」 Samsungが公開へ

1月6日より開催のCES2016にて公開されます。

[高城歩,ねとらぼ]

 1月6日より米・ラスベガスで開催される、コンシューマ・エレクトロニクス分野の世界最大級見本市「CES2016」で、SamsungがVR(バーチャルリアリティ)用の新デバイス「rink」を発表すると予告しています。


Samsung 「rink」。SamsungのCES2016特設ページより

 Samsungの「rink」は左右の手にはめられる形状になっており、ハンドモーションを用いてVR内に干渉してコントロールできるというデバイス。より直感的な操作で微妙なニュアンスの動きを反映でき、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して行うVRのゲームやアプリ、さまざまなコンテンツを楽しむ際に没入感がいっそう増すのだとか。

 なお、「rink」は現在開発中であり、今回展示することで体験者のフィードバックなどを収集して改善をしていくそうです。


rink 写真では女性がVR内でテニスを楽しんでいる様子が


rink rinkとVRヘッドセット

 Samsungはこのほかにも社内のイノベーション・プログラム「C-Lab」から、健康・体重管理のマネージメントプランを作成してくれるベルト型のヘルスケアウェアラブル端末「WELT」や、スマートフォンから発せられる音をクリアにし、聞き取りやすくするデバイス「TipTalk」を公開する予定とのこと。

 VRに対応したハンドモーションデバイスとしては米・Oculus VR社の「Oculus Touch」などがありますが、「rink」ではどのような差別化が図られているのかに注目です。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事