新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月04日 16時30分 UPDATE

「アイアンマン」のジャービスのようなAI作って家を管理 Facebook CEOが今年の目標語る

マーク・ザッカーバーグCEOが、自宅の音楽や照明、温度をコントロールし、友人の顔を認識できるなど「家を管理し、仕事を手伝ってくれる」AIを作ることを目指します。

[ねとらぼ]

 「アイアンマン」に登場する「ジャービス」のようなAI(人工知能)を作る――Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが2016年の目標をこのように語っています。

 ザッカーバーグ氏は毎年、「毎月2冊本を読む」「中国語を勉強する」など、毎年Facebookの仕事以外で新しいことを学ぶチャレンジをしています。今年は「家を管理し、仕事を手伝ってくれるシンプルなAIを作る。アイアンマンのジャービスのようなものを想像してもらえばいい」と自身のFacebookページで明らかに。今年のチャレンジのテーマは「発明」としています。

マーク・ザッカーバーグ マーク・ザッカーバーグCEO

 まずは現在どんな技術があるかを調べるところから始め、AIに自分の声を学習させて、自宅の音楽や照明、温度などをコントロールするとのこと。友人がチャイムを鳴らすと顔を認識して家に入れたり、VR(バーチャルリアリティ)でデータを視覚化したり、といった機能も考えているそう。

 Facebookでエンジニアと協力して新しいものを作っているザッカーバーグ氏ですが、「自分でものを作るやりがいは違ったもの」と、今年は自分で開発することにしたと語っています。AI構築で学んだことは共有していくとしています。どんなAIができあがるのか興味深いですね。

ジャービス こちらはMarverlが提供している「ジャービス」アプリ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー