新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月06日 09時38分 UPDATE

「闇狩人」舞台化 高杉真宙と横浜流星が悪を倒す

3都市での公演を予定。

[ねとらぼ]

 坂口いくさんのマンガ「闇狩人」が舞台化される。5月13日から東京・天王洲の銀河劇場での公演を皮切りに、北九州と大阪を巡る。

 1988年から1990年にかけて月刊少年ジャンプ(集英社)で連載された、極悪人を成敗する闇狩人の生き方を描く現代版“仕事人”的作品。主人公の間武士役を「仮面ライダー鎧武/ガイム」に出演した高杉真宙さんが、闇狩人の我竜京介役を「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演していた横浜流星さんが務める。

闇狩人 左より横浜流星さん、高杉真宙さん

 間武士はマンガ家志望の冴えない予備校生だが、ステンレス製の定規や丸ペンなどを武器に戦う闇狩人の1人。我竜京介は、トレジャーハンターを自称する唯我独尊の男で、けん玉を武器に戦う。奇しくも流星さんは「烈車戦隊トッキュウジャー」でもけん玉が得意という設定だった。

 舞台の演出は深作健太さん、脚本を鈴木哲也さんと「里見八犬伝」のコンビが務める。バブル全盛期の華やかな世相を背景に、おいしい汁をすすり、暗躍する血も涙も無い悪人たちの卑劣さと、その圧力に苦しみ潰され、あえなく命を落とす人々の嘆きが描かれる。

闇狩人

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー