ニュース
» 2016年01月08日 22時00分 UPDATE

「春画展」京都で開催 京都会場限定の作品も

細見美術館で2月6日から。

[ねとらぼ]

 東京で昨年開催され、約20万人を動員した「春画展」が京都にやってきます。細見美術館(京都市左京区)で2月6日から4月10日まで。

 個人が秘蔵する鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎など江戸時代の浮世絵の大家による作品を展示。また京都会場限定で、京都の西川祐信や大坂の月岡雪鼎の作品も見られます。

 会期は前期(2月6日〜3月6日)と後期(3月8日〜4月10日)に分かれ、会期中に展示の入れ替えあり。入場料は前売券1300円、当日券1500円。18歳未満は入館禁止です。

春画展 喜多川歌麿 「歌まくら」 浦上満氏蔵
春画展 歌川国貞 「花鳥餘情吾妻源氏」 国際日本文化研究センター蔵
春画展 鳥文斎栄之 「源氏物語春画巻」 (財)林原美術館蔵
春画展 西川祐信 「春宵秘戯図巻」 個人蔵
春画展 鳥居清長 「袖の巻」 国際日本文化研究センター蔵

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー