新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月09日 08時30分 UPDATE

ガルパン舞台の大洗町、1カ月でふるさと納税の寄付額が急増 返礼品にはガルパングッズも

12月にガルパングッズなど230品目を加えたところ、昨年度の寄付額の21倍となる1億6000万円が寄せられる。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 “ガルパン”ことアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台である茨城県大洗町が、昨年12月1日からふるさと納税の返礼品にガルパングッズも含む230品目を追加したところ、寄付額が12月分だけで1億6000万円寄せられましたことが分かりました。前年度(2014年4月〜2015年5月)は総額763万円で、この約21倍が1カ月で寄付されるという急増ぶりです。これはガルパングッズの効果なのか……!?

大洗町 大洗町のふるさと納税のガルパン返礼品(「ふるさとチョイス」より)

 大洗町担当者によると、前年度はふるさと納税の返礼品の品数が少なかったため、2015年度は寄付額の増加を狙ってさまざまな施策を行ってきたとのこと。従来はふるさと納税に書類や銀行振込が必要でしたが、6月にネット最大級のふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」から申し込めるようにしたり、Yahoo!決済でクレジットカード払いできるようにしたりしました。

大洗町 大洗町公式サイト

 納税額は数百万円伸びたもののさらなる拡充を狙い、各自治体とふるさと納税の企画を行っているJTB西日本と提携し、12月1日から返礼品を230品目加えることに。あんこう鍋やカニのボイルなど水産加工品のほか、ガルパンの関連アイテムも8品目用意しました。大洗まいわい市場が販売しているガルパングッズの詰め合わせで、キャラがラベルに描かれた日本酒5本セット、Tシャツやクリアファイルのグッズ17点セットなど。最高額は5万円です。

大洗町 1万円の寄付でもらえるガルパングッズ詰め合わせ

 2015年4月〜11月は総じて申し込みが約100件、寄付額が約1000万円でしたが、12月だけで申し込み約5500件、寄付額が約1億6000万円と急増。納税者の間でどの返礼品に人気があるのかは、制度の都合上、2月中旬になるまでわからないそうです。「以前から返礼品に『ガールズ&パンツァー』の関連品はないか問い合わせはあったので、同作の返礼品目当ての納税者もいると思います」と担当者。しかしオリジナルグッズを用意しているわけではなく、カニや肉など食品への問い合わせも多かったため、寄付額の急増がガルパン効果によるものなのかは断定できないと言います。

「ガルパン人気のおかげで、大洗には土日イベントだけではなく平日にもファンの方がいらして、大いに賑わっています。大洗の特色をあらわす返礼品として用意しました。オリジナルグッズはありませんが、大洗まいわい市場へなかなか来られない遠方の方に喜んでいただければと思います」(担当者)

記事初出時、2015年12月にあったふるさと納税の申し込み件数は「約500件」と表記していましたが、「約5500件」の誤りでした。お詫びをもって修正いたします。


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー