新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月12日 16時16分 UPDATE

ガチャ炎上の「グラブル」 プロデューサーがステマ否定

声優の田中理恵さんに「ステマ疑惑」がかけられていました。

[ねとらぼ]

 ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」が炎上し、関係者の「ステマ(ステルスマーケティング)」が疑われていた件で、プロデューサーの春田康一さんは1月12日、Twitterで「一切ございません」とステマ疑惑について否定しました。



 「グランブルーファンタジー」は先日、年末年始のガチャイベントで提供されていたキャラクター「アンチラ」をめぐり炎上。「出現率アップ」と書かれていたにもかかわらず、数十万円を費やしても出ないユーザーが続出するなど、そもそもの出現率の低さや、イベントの表記の仕方などが問題視されていました(関連記事)。


画像 問題となっていたキャラクター「アンチラ」

画像 元の出現率は公表せず、ただ「出現率がアップします」とだけ表記していました

 そんな中、飛び火する形で「ステマ疑惑」がかけられたのが、同作品にも出演している声優の田中理恵さん。田中さんは1月1日、自身のTwitterで「新年1回目の10連(10連ガチャ)で… で…出ました!!!! アンチラさんーー!!!」と、アンチラを引き当てたことを報告。田中さんはこの前にも立て続けにレアキャラクターを引き当てており、あまりの幸運ぶりに、一部のユーザーからは「宣伝のために、運営側がガチャを操作して当てさせたのではないか」と疑問視する声があがっていました。



 こうした一連の騒動を受け、春田プロデューサーはTwitterで「自分が責任をもって発言させて頂きますが、関係者の方のアカウントやご利用状況によって運営が何か特別な措置を行い、それによるゲームプレイ結果を用いて宣伝行為に協力させているという事実は一切ございません」とステマを否定。関係者であっても優遇することはなく、あくまで「一人のユーザーとしてゲームをプレイしてくださっています」と説明しました。



 春田プロデューサーは最後に、今回の一連の件について「お客様にご不安やご不満をいだかせる結果となっている事実を真摯に受け止め、今後の運営の改善に努めてまいります」と謝罪。しかしユーザーからは依然として、「ユーザーが聞きたいのはそこじゃない」「誰が信じると思いますか?」など、厳しいリプライが寄せられているようです。


画像 田中さんが演じるキャラクター「ロゼッタ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事