ニュース
» 2016年01月13日 23時34分 UPDATE

廃棄されたCoCo壱番屋のビーフカツ 産業廃棄物業者が不正転売

異物混入の可能性があるため廃棄処理を委託したビーフカツが、産業廃棄物処理業者により転売されていたことが発覚した。

[ねとらぼ]

 カレーハウスCoCo壱番屋を運営する壱番屋は1月13日、廃棄したビーフカツが産業廃棄物業者により不正転売されていたことが発覚したと明らかにしました。

 転売されていたのは工場で製造中に異物が混入した可能性があるビーフカツで、産業廃棄物処理業者のダイコーに廃棄処理を委託していました。系列店の従業員がスーパーで買い物中に発見して不審に思い、本部に通報。調査の結果ダイコーが転売していたことが判明したとのこと。

CoCo壱番屋 販売されている状態

 廃棄したのは2015年9月2日に愛知工場で製造されたビーフカツ(冷凍5枚入り)4万枚強。袋にはCoCo壱番屋という記載はなく、赤い文字でビーフカツと表示されています。混入の可能性があるのは合成樹脂性の器具(部品)。

CoCo壱番屋 混入の可能性がある部品。大きさは最大8ミリ。粉砕の可能性あり

 混入した異物を食べてしまった場合でも危険有毒性分類基準には該当しないものの、廃棄物として扱われた品であり温度管理など保存方法に問題が考えられるので、当該製品を持っている場合は食べないようにと壱番屋は呼びかけています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー