新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月14日 19時20分 UPDATE

ミシガン工科大学が「ドローンを捕獲するドローン」を開発

ドローンにはドローンを。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 米ミシガン工科大学のロストガー准教授らが、網を使って空中のドローンを追跡し捕獲するシステムの特許を取得したと発表しました。


ドローンを捕獲するドローン ドローンを捕獲するドローン

 Amazonがドローンでの配送を計画するなど、生活を便利にする技術である一方、危険な目的にも使われる可能性があるドローン。実際に日本でも、首相官邸でドローンが発見されるなど、数々の事件が起きています。

 こうした悪意のあるドローンに対抗するために、ロストガー准教授らはドローンを捕獲するドローンの開発を始めました。仕組みは、ドローンを操縦して目的のドローンを追跡し、取り付けられた巨大な網を打ち捕まえるというシンプルなもの。網が絡まったドローンは、脱出はもちろん、ほとんど動けなくなることが確認されています。捕獲後はドローンを吊り下げながら、安全な場所に移動します。

ドローンを捕獲するドローン 開発したドローン(左)と標的のドローン(右)

ミシガン工科大学がドローンを開発 捕獲されたドローン

ミシガン工科大学開発のドローン 地上からの操縦も可能

 日本でも先月、危険なドローンをドローンで捕獲する「無人航空機対処部隊」を警視庁が発表しており、こちらも同じ仕組みとなっています。なお、破壊しないで網で捕獲するのは不審ドローンが危険物を積んでいる可能性があるからです。

 アメリカでは運輸省がドローンの登録を義務化しており(関連記事)、ロストガー准教授は「未登録のドローンを捕獲することで法を順守させることに一役買うのではないか」と話しています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事