新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月14日 23時48分 UPDATE

Donuts、物議かもしたRMT仲介サイト「プレマ」を閉鎖

これまでに成立した取引はなかったとのことです。

[ねとらぼ]

 Donutsが運営していた、RMT仲介サービス「プレマ」が1月14日、正式に閉鎖されました。まだ開始後間もなかったこともあり、これまでに成立した取引はなかったとのことです。


画像 現在のプレマ。サイトは消え、説明・謝罪文だけが掲載されている状態

 「プレマ」はいわゆる「RMT(リアルマネートレード=現実のお金で、ゲーム内のアイテムや通貨などを取引すること)」をスムーズに行うための仲介サイト。しかし、Donutsが「Tokyo 7th シスターズ」や「単車の虎」といったスマートフォン用ゲームも運営していたことが問題視され、専門家からは「ゲーム会社が自らRMTの手段を提供するのは、賭博行為にあたるのではないか」といった指摘も寄せられていました(関連記事)。


画像 閉鎖される前のプレマ(Internet Archiveより)

 こうした指摘を受け、Donutsは1月14日午後、「プレマ」をいったん「メンテナンス中」とし非公開に。編集部からの問い合わせに対しては「改めて法的な部分を精査し本サービスについての継続可否を検討している状況」としていましたが、そのままサービスが再開されることはなく、14日夜、正式に閉鎖が発表されました。

 プレマのサイトに掲載された文章によると、本来は「プレイヤーがゲームに費やした時間の対価を得る方法を確立し、ひいてはプロゲーマーがスポーツのように成立しやすい状況を創出していく」ことを目的に立ち上げたサービスとのこと。しかし「自社運営ゲームのアイテムがプレマ上で流通することが問題」と示唆する声があり、閉鎖を決断したそうです。

 なお、サイト自体は12月ごろから存在していましたが、これまでに成立した取引はなかったとのこと。サイトでは「すでに出品いただいていたお客さまにはご不便をおかけし申し訳ございません」と謝罪しています。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー