新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月16日 17時00分 UPDATE

約30年前に凍結保存されたクマムシが蘇生に成功、繁殖も

“最強動物”と言われるだけはあります。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 30年半前に採取・凍結保存されたクマムシが、蘇生することに成功したと、国立極地研究所の辻本特任研究員を中心とする研究グループが発表。回復は遅いものの、繁殖にも成功したと報告しています。


 クマムシ 0.1ミリと、とっても小さいんです

 このクマムシは、南極昭和基地周辺で1983年11月に採取され、マイナス20度で凍結保存されていたコケ試料の中にいたもの。元々クマムシは“乾眠”という能力を持っており、体内のほとんどの水分が無くなり乾燥状態になっても、“無代謝”になることで生命を維持することができ、そこから水を与えることで再び動き出します。この状態になると高い放射能耐性や150度の高温に耐えるなどができるため“最強生物”とも言われています。しかしながらこの乾燥状態での最長生存記録は9年までしか確認されていませんでした。

 今回の研究では、その1983年に採取・凍結保存されていたコケ試料を2014年5月に解凍・給水し蘇生させたもので、2個体のクマムシと卵1つを取り出して培養。1個体は十分に回復せず死亡してしまい、もう片方のクマムシと卵はなかなか回復しなかったものの、2週間後に個体の方は歩き回って餌を食べるなどの通常状態に戻り、繁殖にも成功。凍結保存されていた卵からふ化した個体もその後、同様に繁殖したそうです。

 国立極地研究所の発表によると、「今回の研究における長期生存期間の大幅な更新は、細胞やDNAの損傷が凍結保存によって最小限に抑えられた結果と考えられる」とのこと。しかしその一方で、完全には回復せずに死亡した個体もいたことなどから、「30年以上にもわたる長期間の凍結保存によって損傷が蓄積されていた可能性も考えられる」とも発表しています。

 今後、遺伝子の損傷や修復機構を調べることで、長期生存のメカニズムの解明が期待されます。

(大里ミチル)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事