ニュース
» 2016年01月17日 10時45分 UPDATE

「パズドラ」がなぜか今ごろバルス祭りに便乗 モンスター「ホルス」が1日限定で「バルス」に

なぜ今日になって……。

[ねとらぼ]

 スマートフォン用アプリ「パズル&ドラゴンズ」で1月17日、モンスター「ホルス」の名前が突然「バルス」に変更されました。金曜ロードSHOW!で「天空の城ラピュタ」が放送されたのにちなんだようですが、タイミングおかしいだろ!


画像 覚醒……バルス……?

 発端は山本大介プロデューサーのツイート。山本Pは1月15日、「今日リアルタイムでラピュタ見られないので先につぶやかせてください!バルス!!!」ツイート。その後「出遅れてしまったので、1日だけホルスの名前をバルスに変えないとマズいかもしれないです、、、」と謎の電波を突然受信し、「土曜日は間に合わないので、日曜になりそうです!なんなすみません(>_<)」とユーザーに報告していました。ラピュタこわい。



 今回名前が変更されたのは、モンスター「ホルス」の進化形である「覚醒ホルス」「爆熱炎隼神・ホルス」「白光炎隼神・ホルス」の3体。それぞれ「覚醒バルス」「爆熱炎隼神・バルス」「白光炎隼神・バルス」に変わっていますが、放送から2日遅れの便乗に、ユーザーからは「なぜ今日……?」など困惑している人も少なくないようです。


画像 NTTデータの調査によると、今回の放送では1分間に約34万回の「バルス」がツイートされたとのこと(関連記事)。ただ、瞬間バルス風速では最大5万5000バルス/秒と、前回の10万6338バルス/秒から半減しており、Twitterユーザーのバルス離れも指摘されています

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  6. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー