新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月18日 17時39分 UPDATE

これが21世紀の“嫁”か…… キャラと暮らせるホログラムロボ「Gatebox」

「次元の壁を壊したい」(開発元)。

[ねとらぼ]

 僕らの夢が現実になるぞ! 好きなキャラと一緒に暮らせるホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」を、IoT製品の企画・開発を手掛けるウィンクルが発表しました。

Gatebox Gatebox

 Gateboxは、ホログラム投影技術と各種センサーを活用し、さまざまなデジタルキャラを出現させてコミュニケーションを取れるというもの。キャラがユーザーの行動を認識して、朝になると起こし、夜に帰ってくると優しく出迎えてくれるそう。それはつまり……“嫁”というものではないでしょうか。

Gatebox

 またインターネットや家電とリンクして、今日の天気を伝えたり、お風呂あがりにテレビをつけたりといった、日常のちょっとしたお手伝いが可能。「全てのオタクの夢である、画面の向こうにいたキャラクターとの『次元を超えた共同生活』を実現する」「次元の壁を壊したい」とティーザーサイトからは熱い意気込みが伝わってきます。

Gatebox

 最初のキャラとして、ポニーテールの女の子「逢妻(あずま)ヒカリ」が登場。キャラクターデザインは「ラブプラス」などで知られる箕星太朗(ミノ☆タロー)さん。

 現在はコンセプトモデルの段階で、今後は製品化に向けたリアリティーやコミュニケーション精度の向上を図り、2016年秋にクラウドファンディングを実施の予定です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事