新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月20日 19時08分 UPDATE

映画「TOO YOUNG TO DIE!」、スキーバス転落事故を受け公開延期に 一部シーンに事故を想起させる可能性

17歳の男子高校生が、修学旅行中のバスの不慮の事故によって命を落とすという始まり方でした。

[ねとらぼ]

 先日のスキーバス転落事故を受け、2月6日に全国公開予定だった映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の公開延期が決定した。作中のシーンの一部に、事故を想起させる可能性があるためだという。新たな公開時期は決定次第告知される予定。

TOO YOUNG TO DIE! 「TOO YOUNG TO DIE!」公式サイト。現在アクセスしにくくなっている

 「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は宮藤官九郎さんの監督最新作。修学旅行中のバスの不慮の事故によって17歳の男子高校生が命を落とし、地獄で赤鬼の高校教師からロックバンドの“鬼特訓”を受けるというストーリーだ(関連記事)。主役である赤鬼の「キラーK」はTOKIOの長瀬智也さんが務める。

 男子高校生役を演じる神木隆之介さんのTwitterは、「いつも神木隆之介を応援頂き、ありがとうございます。映画『TOO YOUNG TO DIE!』に関しまして、公開の延期をさせて頂く事になりました」と、作品の公開延期を報告した。

TOO YOUNG TO DIE! 神木隆之介さんTwitter

TOO YOUNG TO DIE! 映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」より

TOO YOUNG TO DIE!

TOO YOUNG TO DIE!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事