新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月21日 18時30分 UPDATE

世界中の監視カメラの映像をネット配信しているサイトが人気 無防備なカメラ設定に要注意

2014年にも話題になりましたが……。

[ねとらぼ]

 監視(防犯)カメラの映像をネット配信しているロシアのサイト「Insecam」が、1月中旬になってから大きな注目を集めています。

Insecam

 同サイトでは世界各地の監視カメラ約2万8000台について、現地の様子を大まかな座標付きでストリーミング配信しています。しかし、これらは本来の持ち主に無断で行っているため、注意が必要です。

 一般的な監視カメラには、インターネット経由でアクセスできる機能があり、初期設定のID・パスワードを使用している場合、実質誰でもアクセスできます。同サイトではこの仕組みを利用し、他者のカメラに“侵入”しているのです。

 こうした問題については2014年11月にもメディアで大きく取り上げられ、「イギリス政府が同サイトの閉鎖をロシア当局に求めた」とも伝えられたのですが、1月21日現在、より規模を増して稼働しています。

 ちなみに、広く公開されている初期設定のID・パスワードを入力することは基本的に“不正アクセス”にはなりません。同サイトの管理人は「非倫理的な映像は発見すれば削除する」「初期設定のパスワードを変更すればそもそも表示されない」とコメントしています。



 なお、日本の映像も現在、パナソニック製を中心に6000台以上が公開されています。匿名掲示板では無防備な映像の情報交換も行われています。意図せず情報漏えいをしているケースは多々あると思われるため、カメラを利用している方はいま一度設定を見なおしてみてはいかがでしょうか。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー