新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月21日 23時35分 UPDATE

「テラスハウス」を「テロリストハウス」と書き間違えて警察沙汰に? 英国で騒動

警察側は「テロ事件として対応したのではない」と主張。

[ねとらぼ]

 10歳のイスラム系の少年が「テラスハウス」を間違って「テロリストハウス」と書いてしまい、警察が呼ばれることに――海外でこんな騒動が報じられて話題になっていますが、警察はこれを否定しています。

 報道によると、騒動は先月、ランカシャー地方のアクリントンで起きたとのこと。少年が学校の英語の作文で「テラスハウス(terraced house)に住んでいる」と書くところを「テロリストハウス(terrorist house)に住んでいる」と書いたことから、学校が警察に連絡したと報じられています。警察が少年と話をした結果、特に懸念するようなことはないとの結論に至ったそう。

 「警察がテロ事件として対応した」と報じられたことから、学校の対応を批判する声も出ています。これに対してランカシャーの警察・犯罪コミッショナーは、テロ事件としてではなく、少年の安全のために対応したのであり、報道は誤解を招くと反論。少年が「テロリストハウス」以外にも懸念を招くことを書いていたため、警察官とソーシャルワーカーが少年宅を訪問したと説明しています。

ah_house1.jpg 警察・犯罪コミッショナーのコメント

 地元紙Lancashire Telegraphが入手した授業の課題には「おじさんとテロリストハウスに住んでいる」「おじさんにぶたれる」と書かれており、学校は虐待の可能性を疑ったのかもしれません。ただ少年の父親は同紙に「息子はテラスと書くつもりだった。それに創造的に書くよう言われていた」と語っており、作文は創作だったよう。父親は「息子はおじにぶたれたことはない。学校は息子が両親と住んでいるのを知っている」と、学校の対応への不満を語り、謝罪を求めています。

ah_house2.jpg Lancashire Telegraph

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事