ニュース
» 2016年01月24日 09時00分 UPDATE

これは画期的? 緊急時に客室を切り離して着陸させる飛行機が考案される

パラシュートで着陸します。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 ウクライナの航空エンジニア、タタレンコ・ニコラエビッチさんが、飛行中の緊急時に客席を切り離せる飛行機を提案しています。


キャビンが切り離される飛行機 機体イメージ

 ニコラエビッチさんが特許を取得しているというこのシステムは、飛行中に緊急事態が発生すると、2〜3秒の間に客席部分が切り離され、パラシュートを開きゆっくりと着地する設計になっています。着地の際にはゴム製のチューブが膨らみ、衝撃を吸収します。チューブは水に浮くため、海などに着水することも可能です。また、客席の下に荷物を搭載する設計になっているので、事故があっても荷物を失うこともありません。


画期的な飛行機 着陸した様子


事故の際も安全に避難 着水した様子

 夢のようにも思えるアイデアですが、航空業界にはあまり興味を持ってもらえていないとUkraine Todayで伝えられています。それもそのはず、この設計を採用すればコストが上がるだけでなく、搭乗できる客数も減り、燃料の消費も増えてしまうそうです。さらに、着地の際に山やビルにぶつかる可能性もあります。不安なのは乗客だけではありません。パイロットについても、切り離した後の残り20パーセントの機体で飛行を続けることは不可能であると考えられており、かなり危険な状況になってしまいます。こうした問題から、実用化は簡単ではない様子です。


キャビンが切り離される飛行機 飛行機の構造

 数年前にも安全に避難できる飛行機を発表しているニコラエビッチさん。次回のさらなるアイデアにも期待したいところです。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー