新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月24日 19時00分 UPDATE

激辛トウガラシ「ブート・ジョロキア」早食いのギネス世界記録達成 別の意味で涙の大会に

辛さはタバスコの400倍。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 トーゴ人のアメドノー・カンケさんが、激辛で知られるトウガラシ「ブート・ジョロキア」10本を30.70秒という驚異的な時間で食べ切り、ギネス世界記録に認定されました。



 今回開かれた一連のギネスワールドレコード・イタリアショーは、トウガラシの辛さを測る「スコヴィル値」を考案したウィルバー・スコヴィル生誕151年を記念してのものでした。大会に使用されたトウガラシ、ブート・ジョロキアの辛さはタバスコの400倍と言われるほど。どれだけ辛いのか想像が付きません……。


トウガラシギネス 大会の様子

 参加した4人は全員強者。その中のひとり、アメリカ人のジェイソン・マックナブさんは現在の記録保持者で、過去には2分間でブート・ジョロキア約66グラムを食べた記録を持っています。すごすぎる。


ブート・ジョロキア 記録保持者ジェイソンさん

 アメドノーさんが圧倒的なスピードで完食し優勝。記録保持者ジェイソンさんは2番目に食べ終わりました。アメドノーさん、さすがに辛すぎたのか、優勝の感動か、最後には涙がポロポロ。


トウガラシギネス世界記録 辛すぎて涙が

 驚異的な記録に敬意を表しつつ、辛すぎて危険なので安易にマネしないようにしてくださいね。

出典(引用)ギネスワールドレコーズ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事