新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月24日 22時00分 UPDATE

トランプ氏をイメージした保守的すぎるプログラミング言語「TrumpScript」公開 

ミスすると怒られます。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 過激な発言で話題のアメリカ大統領選挙候補者、ドナルド・トランプ氏をイメージしたプログラミング言語「TrumpScript」が公開され、話題になっています。


トランプ氏がプログラミング言語に 公開された「TrumpScript」

 「TrumpScript」はアメリカのライス大学で行われたハッカソンに参加した学部生サム・シャドウエルさんとクリス・ブラウンさんのチームが作成したPythonベースの言語で、いかにもトランプ氏が考えそうな特徴を持っています。

 分かりやすい特徴をいくつか紹介すると、「(アメリカは中途半端な国ではないので)浮動小数点値は使えない」「変数名にはトランプ氏が好きな単語や政治家の名前しか使えない」「プログラムの終わりには“America is great.”を使用する」「“True”“false”の代わりに“fact”“lie”を使用する」「(アメリカ育ちしか認めないので)“import”は使えない」「(小さいものは我々にとって重要ではないので)すべての数字は100万以上でなければならない」など。トランプ氏の性格や発言をしっかり反映させています。なお、ミスをするとエラーメッセージでトランプ氏からの叱責を受けるようです。


TrumpScript Github上のissue

 残念ながら「TrumpScript」はハッカソンで優勝とはなりませんでしたが、現在は改良も行われ、Githubのissue上では他にもトランプ氏が考えそうなことがいくつか提案されています。

 なお、開発者のサムさんは海外メディアのインタビューでトランプ氏について、「彼は一流だと思う。いや、だけど共和党のトップになるとしたらちょっと不安があるよ」と語っています。

 よくも悪くも何かと話題のトランプ氏、まさかプログラミング言語になるとは……。これでアメリカだけでなく、Pythonも偉大な言語となるのでしょうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー