ニュース
» 2016年01月28日 09時30分 UPDATE

映画「仮面ライダー1号」で藤岡弘、さんが本郷猛役で単独主演 変身前から強そう

45年を経ての主演オファーに「血が騒いだ!」。

[ねとらぼ]

 俳優の藤岡弘、さんが特撮テレビドラマ「仮面ライダー」シリーズの生誕45周年を記念する映画「仮面ライダー1号」(3月26日公開予定)で、仮面ライダー1号(本郷猛役)として主演を務めることが明らかになった。

仮面ライダー1号 へん……しんっ!

 それに伴い、ちょっとガチムチなフォルムにデザインが改められた仮面ライダー1号の実写新ビジュアルも公開。愛車のサイクロンも「ネオサイクロン」へと進化を遂げ、パワーアップしている。

仮面ライダー1号 デザインが刷新された1号

仮面ライダー1号 ネオサイクロン

 1971年に放送されたシリーズ1作目「仮面ライダー」は、変身ポーズや相棒の設定など新機軸を打ち出し視聴率30%以上を記録。45周年を迎える今年、藤岡さんは映画「仮面ライダー対じごく大使」以来44年ぶりに主演を果たす。

 藤岡さんは69歳でも日々鍛錬を積み重ね、企画段階から本作に参加。世界各地でボランティア活動を続ける中で感じた“命の尊さ”を子どもたちに伝えたいという熱い想いを胸に、5カ月もの間、何度も製作陣とやりとりを重ね、ともに脚本を作り上げたという。

 主演を務めることについて藤岡さんは「感慨深いものがありますね。まさか45年を経て主演ができるなんて思わなかったな。お話を聞いたときは血が騒ぎましたね」とコメント。演じることについて「当時どういう気持ちで取り組んだのか原点を振り返りました。そのときの思いをもう1回投入しようと思ったんですね。当時見ていた人を失望させたくないですからね。自分としては、一生懸命頑張らせていただきました。映画では生のアクションも見ものだと思いますよ。いろんなものが進化してパワーアップしているからね」とアピールした。

映画「仮面ライダー1号」ストーリー

 今から45年前、男は悪の秘密結社ショッカーの手によって改造人間にされた。あの日以来、人間の自由を守るため男は戦い続けている。彼の名は、本郷猛。この世に誕生した、最初の仮面ライダーである。長年にわたり、海外で悪と戦ってきた猛は、1人の少女の危機を知り、急きょ帰国する。猛は、ショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケルや、その仲間たちと出会う。少女の危機、そして日本の最大の危機に、伝説の戦士・本郷猛が「変身」する。命を、愛を、未来へつなぐために。


(C)「仮面ライダー1号」製作委員会


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー