新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年01月31日 17時20分 UPDATE

「青森県がお前をKILL」 2月の津軽地方が参加者の寿命をぶちのめす「短命県体験ツアー」がまさかの爆誕

「太く短い人生」という単語、ヤクザ以外の文脈で見たことがない。

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 全国で最も平均寿命が短い県である青森県から、恐ろしいパックツアーが爆誕しました。その名も「全国最下位 短命県体験ツアー」です。


青森短命県ツアー 「青森県がお前をKILL」というキャッチコピーの“圧”

 2月20日〜21日にかけて行われる一泊二日のプランで、朝から日本酒を飲み、津軽のソウルフード「どろどろの煮干しラーメン」を食し、極寒の弘前で「雪かき検定」に挑戦する、というまさに寿命を縮める内容になっています。「ウマい『食・酒』、凄まじい『豪雪』、そして誇り高い『津軽人』。彼らなりの『太く短い人生』、あなたも一度体験してみませんか?」という“圧”のある説明が力強すぎる上、ポスターに入った「危険なツアーではありません」という注意書きが真っ赤なのも気になります。ほ、本当に大丈夫なのか……?!


青森短命県ツアー 「健康で長生きできる自信のある方」……ゴクリ……

 企画した旅行会社「たびすけ」の紹介ページによると、「健康で長生きできる自信のある方」にオススメだそう。その自信を突き崩すというのか、青森よ……。

 こんな恐ろしい文言が並ぶツアーですが、実は県外転出者を食い止める事業の一環として青森県と地元大学生が計画したもの。申し込みは2月15日まで受け付けています。極寒の青森で命を削る覚悟のある方は、旅行代金2万4800円を握って弘前へ走りましょう。

正しい倫理子

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー