新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月02日 10時45分 UPDATE

三菱電機が海水を使った「水柱アンテナ」技術を開発 海水さえあればどこでもアンテナ設置可能に

新たな海のいち風景となるか。

[Jun,ねとらぼ]

 三菱電機は1月27日、噴水のように噴き出した海水を使って電波を送受信できる、海水アンテナ「シーエアリアル」を開発したと発表しました。


画像 「シーエアリアル」の適用イメージ。晴れた日には虹も見られそうですね

 「シーエアリアル」は新開発の給電構造を用いて、導電性のある海水をポンプで送り出し、海面に噴き出した水柱そのものをアンテナとして利用します。海水は導電率が金属より大幅に低い、という問題点があるものの、「水柱を太くする」という工夫により改善。高周波電流を水中に逃さず、水柱に効率よく流すために、電波を遮断しやすい絶縁ノズルも開発しています。

 実際にプロトタイプを用いた地上波デジタルテレビの送受信のテストにも成功しており、海水を使ったアンテナでの成功例としては、世界で初めての快挙となります。


画像 金属と海水での電流の流れ方の違い

画像 新開発の給電構造とプロトタイプ

 今後の展開としては、「従来の低周波用大型アンテナの置き換えやコンパクトさを生かした新事業に展開していきます」とのこと。

 広い土地を確保して、巨大で費用がかかるアンテナを建てる必要がなく、海があればどこでも設置できるというメリットは計り知れません。また、海や海岸の景観にもマッチして、夏には見ためも涼しい! という点でも、すばらしい発想と技術力。特に海が近くにあるリゾート地にはうってつけのアンテナですね。


(Jun)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー