新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月02日 10時40分 UPDATE

「ONE PIECE」「風立ちぬ」も対象? WHOが"喫煙シーンのある映画”に年齢制限を設けるよう各国に勧告し波紋

声優の中田譲治さんからも憤りの声が。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2月1日、WHO(世界保健機関)が喫煙シーンのある映画などに年齢制限を設けるよう各国に勧告しました。「世界中の若者を喫煙に誘導しているため」としています。


WHO WHOの勧告

 WHOは、タバコの広告規制が世界的に強まる一方で、映画やドラマなどでは規制がないことを指摘。また、米国では2014年のハリウッド映画のうち喫煙シーンがある作品が44%に上り、未成年の37%が映画などをきっかけにタバコを吸い始めたという調査結果があるそうです。そのため、登場人物などの影響で未成年が喫煙を始めないよう、今回の勧告を出しました。

 もしもこの勧告が受け入れられた場合、「ONE PIECE」や「風立ちぬ」も、登場人物がタバコを吸うシーンがあるため年齢制限を受けることになるかもしれません。海外では喫煙に対する風当たりが強く、今回の勧告とは別ですが、米国版ONE PIECEでは、サンジのタバコがアメに差し替えられたりといった修正を受けた例もあります。また、「風立ちぬ」は過去に日本禁煙学会から喫煙シーンについて、苦言を呈されたこともあります(関連記事)。

 これを受け、声優の中田譲治さんは自身のTwitterで「犯人が急いで逃走する時にシートベルトをするとか、アニメで人が死ぬとか、フィクションの世界の受け止め方も分からんと?」と憤りの声を上げています。








中田譲治さん 中田譲治さんの一連のツイート

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事