新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月02日 19時07分 UPDATE

「Basic」「Fortran」「Pascal」を用いて、全く同じ50段階のグラデーションを作成 メディア芸術祭で展示

「旧友」をアートとして魅せる。

[太田智美,ねとらぼ]

 ここに、全く同じ50段階のグラデーションがある。実はこのグラデーション、さまざまなプログラミング言語やソフトウェアを用いて制作されたもの。作品名は「50 . Shades of Grey」。第19回文化庁メディア芸術祭でアート部門の大賞を受賞し、2月3〜14日国立新美術館で展示されている。


メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」

 展示では、壁の表側にコードが書かれたシート6枚が額に入れて飾られており、壁の裏側にそれぞれの出力結果が表示されている。左から、「Basic」「Fortran」「Pascal」「Lisp」「Lingo」「ActionScript」。ディスプレイ上では同一の50段階のグラデーションであっても、それらは全く異なる視覚的特徴を持つ。


メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Basic

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Basicで書いた50段階のグラデーション

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Fortran

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Fortranで書いた50段階のグラデーション

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Pascal

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Pascalで書いた50段階のグラデーション

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Lisp

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Lispで書いた50段階のグラデーション

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Lingo

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 Lingoで書いた50段階のグラデーション

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 ActionScript

メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 ActionScriptで書いた50段階のグラデーション

 作者は香港生まれのメディアアーティストCHUNG Waiching Bryanさん。過去30年間に学んだそれぞれの言語へのエピソードが展示に添えられている。


メディア芸術祭アート部門大賞「50 . Shades of Grey」 写真:CHUNG Waiching Bryanさん。「この6種の言語はコンピュータ技術の進化と陳腐化の歴史を表象します」(Bryanさん)

 「すべてのプログミング言語とソフトウェア・ツールはすぐに古い技術になってしまいます。この作品の制作過程は、古い友人に再会したり、すでに消滅してしまった古い場所を訪ねていくようでした。どんどん短縮されるIT関連の製品の活用サイクルは、私たちに内省させる余裕と時間を残してくれます」(Bryanさん)

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事