新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月03日 13時00分 UPDATE

「アブなすぎる」「倫理的にやばい」と評判の「幼女戦記」、アニメ化決定!

「GATE」「オーバーロード」などと同じく、小説投稿サイト「Arcadia」から。

[結城くすり,ねとらぼ]

 カルロ・ゼンさん著の小説「幼女戦記」のアニメ化が決定しました。タイトルだけでかなりパンチが効いている同作ですが、物語の内容はそれ以上のインパクトで、原作を知るファンからは喜びの声とともに「正気の沙汰じゃない」「マジ? いろいろと大丈夫?」「うれしいより動揺と不安の方が大きい」など困惑の声があふれています。

「幼女戦記」原作5巻表紙の一枚絵 そしてこのヘビーすぎる表紙

 現実主義者のサラリーマンだった主人公は、神を名乗る「存在X」によって、魔法と硝煙が支配する異世界の「帝国」で孤児ターニャ・デグレチャフ――つまり“幼女”へと転生させられ、「協商連合」との戦争に巻き込まれていくストーリー。転生前の「世界大戦」の知識や持ち前の効率主義を駆使しつつ、戦果を上げていく戦争モノです。

 とはいえもちろん、アニメ化に困惑の声が上がることからも分かるとおり、ただの戦争モノではありません。容赦のないグロ描写や、実在の国をモデルにして書かれた危ない描写など、攻めっ気たっぷりの作品となっています。

 放映時期・制作スタッフなどはまだ明らかになっていませんが、同作が一体どのようにアニメ化されるのか、いまから期待が高まります。また、東條チカさんによるコミカライズも同時に発表されており、こちらの動向にも期待ですね。

小説「幼女戦記」2巻の分厚さ 原作のこの分厚さ(画像は作者カルロさんのTwitterより)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事