新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月03日 15時50分 UPDATE

「ビーストウォーズ」がYouTubeで配信開始! アドリブが乱れ飛ぶ“声優無法地帯”アニメの復活にTLが歓喜の渦

タカラトミーさんありがとう。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 タカラトミーのYouTube公式チャンネルで、なんと“声優無法地帯”として名高い(?)アニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」の配信がスタートしました。

 「ビーストウォーズ」は、「トランスフォーマー」の1シリーズとして、日本では1997年〜1998年にかけて放送された世界初のフル3DCGアニメ。カナダ・メインフレーム社で制作された「BEAST WARS: TRANSFORMERS」を日本語吹き替えした作品なのですが、回を増すごとに声優たちのおふざけが加速し、隙あらばアドリブを挟む(下ネタ多し)という、スタッフ泣かせの作品としても知られています。

rmfig23-20.jpg サイバトロンの総司令官コンボイ(CV.子安武人)

rmfig23-21.jpg デストロンの破壊大帝メガトロン(CV.千葉繁)

rmfig23-22.jpg チータス(CV.高木渉)「あちあちっ、ケツが熱いってーの!」

rmfig23-23.jpg いきなり歌うラットル(CV.山口勝平)

 物語の核となるのは、架空のエネルギー物質「エネルゴン」をめぐる“サイバトロン”と“デストロン”の争い。「ビーストモード」と呼ばれる機能を使い、ゴリラやチーター、ティラノサウルスといった動物に変形し、それぞれの特徴を生かして戦います。原作はいたく真面目な作品なのですが、日本語化する際に監督の岩浪美和さんが「これでは子どもにウケない」と考え、内容を大幅に変更。結果、前述のようなギャグマシマシの「和製ビーストウォーズ」が誕生しました。

 果たして全話配信してくれるのか、第2話はいつ配信するのかなど詳細は明らかとなっていませんが、「いいじゃん、ビーストウォーズなんだし」とすんなり納得してしまいそうなのが、この作品の魅力なのかもしれません。Twitterでは、配信決定を喜ぶ人たちの歓喜の雄たけびがあがっています。

 なお、2016年は放送開始20周年記念の年にあたり、1月5日には新番組「ビーストウォーズ復活祭への道」(TOKYO MX、Web配信)がスタートしたほか、5月7日〜8日には「トランスフォーマーフェスビーストウォーズ復活祭」と題したイベントが「舞浜アンフィシアター」で開催されます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事