新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月04日 20時15分 UPDATE

初のヒジャブバレリーナになりたい 14歳ムスリム少女がクラウドファンディングで支援募る

学費などに当てるため1万豪ドル(約85万円)の支援を募っています。

[ねとらぼ]

 世界初のヒジャブ(ムスリム女性が身につける頭部を覆う布)をまとったバレリーナになりたい――14歳のムスリム少女が、クラウドファンディングで支援を募っています

ah_ba1.jpg 支援募集ページ

 支援を求めているのは、オーストラリアのステファニー・カーロウさん。2010年にイスラム教に改宗し、幼いころより続けていた踊りをやめてしまいました。ムスリム少女向けのサービスなどがなく、プロのバレリーナになる道がないと思ったため。

ah_ba2.jpg ヒジャブをまとって踊るステファニー・カーロウさん(支援募集ページより)

 しかし、名門バレエ団に初の黒人女性プリンシパル(トップダンサー)が誕生したことや、ヒジャブをまとった女性重量挙げ選手の活躍に刺激を受け、夢を追いかける決意をしたとしています。初のムスリムバレリーナになることで、世界を一つにし、自分を信じて夢を追いかけるようほかの人たちを元気づけられればと述べています。信仰や人種、肌の色に関係なく皆が団結するよう促したい、とも。

 クラウドファンディングの目標額は1万豪ドル(約85万円)。集まった資金はバレエを習うための学費やダンスシューズなどの備品、コンクールへの参加費に当てる予定。支援者にはお礼のカードなどの返礼を用意しています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー