ニュース
» 2016年02月05日 17時26分 UPDATE

一迅社、小説の刊行遅れを謝罪 執筆者が原稿を送ったのは約2年前

「メールで初稿を送付した段階で止まっている」とノベライズ版執筆者がTwitterで明かしていた。

[ねとらぼ]

 一迅社は2月4日、ノベル「停電少女と羽蟲のオーケストラ」第3巻の刊行が遅れていることに謝罪した。執筆者が約2年前に原稿を送ったがいつ発売されるか分からないとして批判していた。

ah_tei1.jpg

 同作は二宮愛さん原作で、ドラマCDやマンガなどを展開し、ノベライズを諸口正巳さんが担当している。諸口さんは2日に自身のTwitterで、第3巻が「いつ発売されるかまったくわからない状況」とし、「2014年3月31日に担当に原稿を送っている」「メールで初稿を送付した段階で止まっている」と明かしていた。ドラマCDをリリースしているIMも、一迅社に催促しているが明確な事情は説明されていないとツイートしていた。

 一迅社は、スケジュールが滞っているのは管理不足と謝罪し、現在は本文原稿の制作・監修、ドラマCD音源の制作を完了している段階と報告。校閲やイラスト制作を速やかに遂行し、刊行に向けて進行するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー