新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月08日 13時45分 UPDATE

地下鉄や山手線など18路線を再現した3D模型「東京動脈」をこの目で見られる 企画展示「東京の鉄道史 -鉄道が築いた都市、東京-」で

都立中央図書館にて展示中。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 東京を走る鉄道路線を再現した3D模型「東京動脈」が、企画展示「東京の鉄道史-鉄道が築いた都市、東京-」にて展示されています。


 展示は3月21日まで東京都立中央図書館4階の企画展示室で開催されており、東京の発展と鉄道との関わりが所蔵の図書や地図、雑誌、パネルなどを使って紹介されています。


東京動脈の展示も 東京の鉄道史

 ここで展示されている「東京動脈」は2008年に当時東京大学大学院生の栗山貴嗣さんが製作し、インターネット上で話題になったもの。複雑に交差する東京の地下鉄や山手線、中央線など18路線を、色水が流れる管で表現しています。管の中を流れる気泡は電車の流れを表しています。


企画展示「東京の鉄道史」 東京動脈

 企画展示は入場無料。開館時間は10時から17時30分まで、金曜日は10時から20時までです。ただし2月4日、2月21日、3月3日、3月18日は休館日とのこと。


3D模型「東京動脈」 深さは75倍になっています

 また、期間中に連続公開講座「東京鉄道遺産〜現在(いま)に生きる鉄道技術〜」も開催されます。山手線・中央線沿線を中心に鉄道遺産について、技術史や街づくりとの結びつきが紹介される予定です。こちらは全2回、定員100人となっています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー