新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月10日 19時32分 UPDATE

13歳の少年が「ネットいじめ」の啓発動画を制作 リアルなメッセージにネットで称賛の声

子どもたちがネットでコミュニケーションを取る時代だからこそ。

[たろちん,ねとらぼ]

 子どもたちがネットを利用することが当たり前になり、世界中で問題になってきている「ネットいじめ」。アイルランドの13歳の少年・Luke Culhaneくんが、そんなネットいじめ問題に一石を投じる啓発動画を制作して話題を集めています。

 少年のスマホやPCに届く「お前はブサイクだ」「お前のことなんか誰も好きじゃない」といった匿名の中傷メッセージ。さまざまなアプリから送られるこれらのメッセージには逃げ場がなく、受け取るごとに少年の体には鼻血や青アザ、骨折など目に見える傷が次々に増えていくという演出になっています。

ネットいじめ 少年に届く匿名の中傷メッセージ

ネットいじめ 心の傷は肉体的な傷となってあらわれます

ネットいじめ ネットにつながっているあらゆる環境で「ネットいじめ」は続きます

ネットいじめ 少年の傷はどんどん深刻なものに

 動画では、現代の10代は100%がネットいじめをした・された、もしくは目撃したことがあると主張。また、ネットに投稿する前に誰かを傷つけるものではないか一度止まって考える「STOP」、ネットいじめの被害を受けたときにそれをブロックして嫌であるという意思を示す「BLOCK」、親や教師や保護者に報告する「TELL」という3つの行動を取ることを推奨しています。

ネットいじめ 「STOP」「BLOCK」「TELL」の行動を

 ネットいじめの現状を身近に経験している13歳からのリアルな思いがこめられた動画。撮影なども本格的なもので、動画には「偉大な映像だ」「素晴らしいメッセージ」などと称賛の声が寄せられています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー