新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月11日 19時03分 UPDATE

チートコードで1億円を稼ぐゲーム「働クリッカー」をやってみたらJavaScriptが自然に学べて楽しい

JavaScriptを学んで目指せ総資産1億円!

[Kikka,ねとらぼ]

 チート、いわゆる「ズル」をすることで、最速何秒で1億円を稼ぐことができるかを競う無料ゲーム「働クリッカー」がリリースされ、面白いと話題になっています。Windows / Mac対応で、公式サイトから無料でダウンロード可能。


画像

 名前の通り、元ネタは「クッキークリッカー」ですが(関連記事)、こちらはクッキーを焼くのではなく、クリックするごとに働いて総資産を増やしていくゲームです。

 しかし、ただクリックをして働いたのでは、目標金額1億円の到達まで気が遠くなってしまいそう。そこで、このゲームではチートコードを自分でプログラミングすることで「ズル」ができるようになっているのがもう1つの特徴。チートをうまく使って、いかに効率よく1億円を稼ぐかがこのゲームのポイントなのですが、果たしてプログラミングの知識が一切なくてもプレイできるのでしょうか。実際に遊んでみました。



実際に遊んでみた

 まず「ゲームを始める」をクリック。さっそく“働く”ボタンをクリックしてみると、1回につき2円ずつ稼ぐことができるようです。10円貯まったので、“資格を取る”を購入してみることに。

 “資格を取る”の他にも、“アフェリエイトブログを始める”、“株を買う”、“土地を買う”、“プログラミングスキルを鍛える”など、総資産を増やすための手段が購入できます。このへんはクッキークリッカーとよく似てますね。


画像 10円で取れる資格っていったいなんなの……でも資格保持数が1になりました

 その後も“働く”ボタンをコツコツクリックしていきます。資格を取ったので1クリックあたりの稼ぎは地味に増えていますが、このままではとても1億円に到達できない!

 と、いうことでキーボードの「C」を押下すると、「Console」ウィンドウが立ち上がり、いよいよチートコードの作成です。

 とはいえ、プログラミング初心者には何をどうしていいかわからないので、右上の「?」マークをクリック。「コードはJavaScript言語で書いてください」とのことだったので、表記されていたコード例を入力してみました。


画像 コード例「めちゃくちゃ働きつつとにかく資格を買う」

画像 ほんの数秒で資格の保持数が増えました

 これを応用して、どんどんチートコードを入力していくのですが、そのたびに表示される辛辣(しんらつ)なコメントが秀逸で、コメント見たさに進んでJavaScript言語を勉強してしまいます。


画像 ゲーム開始から2時間42分後には、数秒で1億円を稼ぐことができるチートコードの作成に成功しました

画像 総資産1億円オーバー、資格もまさかの2000個オーバー

 遊びながらJavaScript言語を学べる「働クリッカー」ですが、もともとはバンタンのプログラマーズ・ハイレベル・ハイスクールの体験授業向けに作成されたでもゲームなのだそう。開発者である草野翔さんのベストタイム「0.8秒」を超えるチートコードを書けるようになれば、“スーパーハカー”になれる日も近いかもしれません。


(Kikka)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事