ニュース
» 2016年02月11日 19時50分 UPDATE

絵にしか見えない 絵画「ファン・ゴッホの寝室」を再現した部屋がAirbnbに登場!

ゴッホが耳を切った時期の部屋。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 ゴッホの有名な絵画「ファン・ゴッホの寝室」を再現した部屋が、宿泊サービス「Airbnb」に登場しました。


ゴッホの寝室がAirbnbに Airbnbに登録された部屋

 絵画と同じ名前「ファン・ゴッホの寝室」というタイトルで登録されているこの部屋。絵画で描かれた部屋は南仏にありますが、この部屋はアメリカのシカゴにあります。それもそのはずで、シカゴ美術館で2月14日から3月10日まで開催される展覧会のプロモーションとして貸し出されているのです。


ゴッホの寝室1泊10ドル 置き物まで忠実に再現(Airbnbより)

 この部屋は作品を忠実に再現した一方で、現代人に必須のWi-Fiやテレビ、エアコンなど、当時はなかった設備もしっかり用意されています。キッチン、バスルームも完備です。


黄色い家1泊10ドル 絵画のような世界(Airbnbより)

 料金は1泊10ドル(約1100円)という低価格。1泊から予約ができ、2人まで収容可能です。ゴーギャンのような関係の人と共同生活するのもいいかもしれません。現在2月が満室となっており予約ができない状態になっています。ただしシカゴ美術館の公式Facebookによれば、今後3月の予約可能な日をお知らせするとのことです。

 展示会では、1888年から1889年にかけて描かれた「ファン・ゴッホの寝室」の3作品が展示されます。最初に描かれた作品はアムステルダムにあるゴッホ美術館、2つめはシカゴ美術館、最後の作品はパリにあるオルセー美術館のコレクションで、3つが同時に展示されるのは北米で初めてとのこと。


シカゴ美術館がゴッホの寝室を貸出 展覧会に出展する「ゴッホの寝室」

 Airbnbは、宿泊先を探す旅行者と空き部屋を貸したい人をつなぐWebサービス。今回のゴッホの寝室の他にも、城や飛行機などユニークな宿が登録されていることでも話題になっています(関連記事)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー