新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月12日 12時54分 UPDATE

さすがうどん県 「四国新聞」朝刊トップが重力波でも円急騰でもなく「うどんの価格上昇」でTwitter民うなずく

ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2月12日、重力波の初観測や円の急騰が各朝刊のトップニュースを飾るなか、香川県の地方紙「四国新聞」はうどんの平均価格の上昇を朝刊一面で最も大きく報じていることが、Twitterで「うどん県すごい」と話題になっています。

うどん県 「かけうどん235.7円」の見出しが目立つ2月12日朝刊(四国新聞 電子配達版より)

 四国新聞も各紙と同じように一面には、米研究チームが重力波の初観測に成功した功績や、円が外国為替市場で一時110円台にまで急騰したことを掲載しています。しかし中央最上段には「かけうどん235.7円」の見出しがデカデカと。県内のうどん店を100店調査した結果、かけうどんの平均価格の値上がりが分かったという記事をトップニュースとして載せました。さすがはうどん県をエリアとする唯一の県紙、まったくぶれていません。

 Twitterでは「香川県民にとって、重力波よりも円高よりも大切なこと」「世紀の発見よりかけうどんの値段が1面トップにくる新聞があるらしい」と、香川県民におけるうどんの価値の高さを示すものとして今回の一面が話題に。「昔、年貢はうどんで納めてたと言われても信じるレベル」など県民のうどん愛にあらためて驚く声も上がっていました。

うどん県 四国新聞のニュースサイトには「うどん」カテゴリも

 四国新聞によるうどん店の価格調査は2014年の増税時にも行っており、今回限りではない定期的な調査のようです。ちなみに、四国新聞のニュースサイト「SHIKOKU NEWS」の記事カテゴリには、「全国ニュース」「スポーツ」「天気」などに混じって、「うどん」というカテゴリが何食わぬ顔で並んでいます。なにこの不思議な日常……うどん県の名は伊達じゃありません。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事