新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月12日 17時47分 UPDATE

ヤマザキナビスコ、8月をもって「オレオ」「リッツ」の製造終了 社名も「ヤマザキビスケット」へ

ナビスコブランドの契約終了が理由。国内製造はモンデリーズ・ジャパンが引き継ぐことに。

[ねとらぼ]

 2月12日に山崎製パンは、9月1日より子会社のヤマザキナビスコの社名を「ヤマザキビスケット」に改め、「ナビスコ」ブランドの「オレオ」「リッツ」「プレミアム」「チップスアホイ」4製品の製造を終了することを発表しました。ナビスコブランドのライセンス契約が8月31日で終了するのが理由で、「チップスター」など自社製品の製造販売はその後も継続します。

ヤマザキナビスコヤマザキナビスコ 山崎製パンとモンデリーズ・ジャパンのプレスリリース

 「オレオ」「リッツ」「プレミアム」の国内販売は、モンデリーズ・ジャパンが引き継ぐことに。同社はナビスコブランドを持つモンデリーズ・インターナショナル・インクの日本法人であり、「クロレッツ」「リカルデント」などガム・キャンディの製造販売を行っています。

ヤマザキナビスコヤマザキナビスコ 国内販売が引き継がれる「オレオ」「リッツ」

 ヤマザキナビスコは、1970年に山崎製パンと米ナビスコ、日綿實業(現在の双日)の合弁会社として設立。モンデリーズ・インターナショナル・インクの傘下にある米ナビスコと、「ナビスコ」ブランドの商標ライセンス契約を締結し、「オレオ」「リッツ」などブランド製品の生産販売を国内で開始しました。

 8月31日の満了日をもってライセンス契約は終了し、上記4ブランド製品も製造を終え、在庫の販売を経て終売となります。9月以降はヤマザキビスケットとして、「チップスター」「エアリアル」「スリムサンド」などの自社開発製品に加え、新製品を順次発売して新たな事業展開をめざしていく予定です。

 「オレオ」などの国内販売を引き継ぐモンデリーズ・ジャパンは「過去45年以上に渡って、ヤマザキナビスコは『オレオ』、『リッツ』、『プレミアム』などのナビスコ製品の製造・販売を行ってきており、ブランド認知への多大な貢献をしてきてくださったことに大変感謝しております。今後は、モンデリーズ・インターナショナルのネットワークにおける知識と経験や、製品開発力、品質面の強みなどを生かし、『オレオ』、『リッツ』、『プレミアム』など、世界で愛される私たちのブランドの更なる浸透・拡大を目指します」とコメントしてます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー