新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月12日 19時30分 UPDATE

お寿司だこれ……! 鳥羽水族館にて見れば見るほどお寿司に見えるナマコが飼育展示中だよ

エクレアでは? との意見もありますが、ナマコだよ!

[高城歩,ねとらぼ]

 三重県鳥羽市の鳥羽水族館にて、一風変わったナマコが飼育展示されているようです。この色と形は……お、お寿司だー!


画像 鳥羽水族館公式サイトより

 2月7日より展示されているマナマコは体長20センチで、赤みがかった茶色(通常色)と白のコントラストが鮮烈な体色が注目ポイント。このツートンカラーがネタとシャリを連想させ、まるでお寿司じゃないかと話題になっているのです。

 なお、職員の中では「お寿司というよりエクレアみたい」と言う意見もあるようですが、とにかくこの色合いは絶妙。なぜこのような体色になったのか原因は分からないとのこと。自然の神秘ですしおすし。


画像 おしゅしだ!!!!!!?!?

 このナマコは2月6日に地元海女の伊藤純子さん(73歳)が片田漁港周辺の潜水によるナマコ漁で捕獲したものだそうで、「見たこともないナマコが獲れた」と連絡を受けた飼育員が水族館に搬入したのだとか。


画像 「へんな生きもの研究所」の先輩たちに歓迎される「お寿司ナマコ」の図

 この「お寿司ナマコ(※水族館側が名付けちゃってる)」は2月7日から、館内の「へんな生きもの研究所」で飼育展示を開始。ツートンカラーのイセエビやオレンジ色のオニオコゼなど、これまた色変わりの先輩たちと一緒に暮らしているようです。

 果たしてこのナマコは、本当にお寿司に見えるのか!? ぜひ実際に見て確認したいものですね。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー