新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月12日 20時18分 UPDATE

激レアかつめちゃカワ! 白いウミガメの赤ちゃん

1つの命として大海原に旅立つ。

[Jun,ねとらぼ]

 真っ白でキュート、そしてとても希少なウミガメの赤ちゃんがFacebook上で話題となっています。



 このアルビノのアオウミガメを発見したのは、オーストラリアのクーラムビーチとノースシェアを中心に、自然保護活動を展開するするボランティアグループ「Coolum and North Shore Coast Care」です。彼らはこのウミガメの赤ちゃんをアルビノ種であることから「アルビー」という愛称で呼んでいます。


画像 真っ白で小さくてカワイイ!

 アルビーが生まれたのはオーストラリア東部のキャスタウェイズ ビーチ。ボランティアの人たちが、ウミガメが巣立った場所のデータ収集を行っていたとき、まだ砂の中にいたところを見つけ出されました。他の赤ちゃんたちよりも遅く生まれてしまったようで、いきなり仲間からはぐれるという過酷なスタートです。


画像 海までの遠い道のり。ボランティアの方々が行っているビーチ清掃の重要さを感じますね

 白いアオウミガメは大変希少で、同ボランティアグループの9年間の活動においても発見されるのははじめてのこと。彼らと共に活動する「Noosa Community Biosphere Association」のFacebookによると、アルビノのアオウミガメが生まれる確率は、10万分の1のとのことです。


画像 とても希少な存在だが、アルビーも1匹のアオウミガメとして海に旅立つ

 Facebook上のコメントによると、アオウミガメ自体大人になれるのは1000匹のうちの、たった1匹といいます。それに加えてアルビノ種は自然界において目立つ存在であるため、生存確率もさらに低くなります。



 アルビーは無事海までたどり着き、大海原に旅立ったことは確認されています。

 生まれた直後から過酷な運命を背負ったアルビー。困難を乗り越えて、元気に育つといいですね。


(Jun)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事