新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月12日 20時24分 UPDATE

本物の味を目指し「鳩サブレー」を自作するブログが情熱的 2008年から8年間作り続ける

2015年からは本物以上の味を目指す「シーズン2」に突入。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2008年から豊島屋の「鳩サブレー」の味を目指し自作し続けている個人ブログ、「わくわく何でもチャレンジ♪」が情熱的と話題になっています。自作した回数は66回で、現在の最新「鳩サブレー」制作は2016年1月25日。いまだに現役です。


わくわく何でもチャレンジ 「鳩サブレー」を作り続ける個人ブログ「わくわく何でもチャレンジ♪」

 事の始まりは、約8年前の2008年6月3日。「鳩サブレーを自分で作れないものか?」と挑戦してみたところから全てが始まりました。第1弾は「ググッて出てきた原材料を適当に混ぜ合わせる」「オーブンもオーブントースターもないので魚用グリルを使って焼く」というアバウトぶり。完成品は「20点」というありさまでした。


第1弾 第1弾。見た目は悪くないが……

 それからも「鳩サブレー」を作り続け、少しずつ上達していく管理人の「わくわく」さん。長らく魚用グリルを使い続けていましたが、2009年6月8日の第35弾にしてついにオーブンを購入するなどどんどん本格的になっていきます。

 そして2015年4月10日、第60弾にしてついに90点の完成度に達した「自作鳩サブレー」。第61弾からはついに、“本物を目指す”のではなく、“本物を超える”に目標を変更した「シーズン2」がスタートしました。なんか壮大! 自作「鳩サブレー」への挑戦は、まだまだ続きそうです。

 ネット上ではこのブログに対し、「超上達してて笑う」「(シーズン2が始まったことを受けて)新たな世界に旅立たれました」「完全再現への試行錯誤が見れてとても面白い」といった声が上がっていました。まさに継続は力、ですね。











 もはや、「鳩サブレー職人」といっても差し支えなさそうな「わくわく」さん。ぜひ一度、オリジナル「鳩サブレー」を味わってみたいものです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事