新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月13日 01時32分 UPDATE

「子供のゲーム機バキバキ」で炎上 バイオリニスト・高嶋ちさ子さんの“子育て武勇伝”に非難殺到

しつけのためとはいえ……。

[ねとらぼ]

 東京新聞に掲載された、バイオリニスト・高嶋ちさ子さんの子育てコラムに非難が殺到しています。コラムのタイトルは「ゲーム機バキバキ事件」。決まった時間にしか遊んではいけないという約束を守らなかった息子に腹を立て、長男と次男のゲーム機(ニンテンドー3DS)を真っ二つに折ってやった――という内容でした。



 高嶋さんは2人の息子に「あなたはゲームが一生できないことを嘆くより、ママからもう二度と信用されないということを心配しなさい!」「もうあなたを信用しないから、どうやって信用を取り戻すかを考えなさい!」と怒ったそう。記事には長男と次男、2人のニンテンドー3DSが無残に壊された写真と「約束は守らないといけません」というキャプションも添えられていました。

 その後、高嶋さんの長男は翌週の算数のテストで満点を取ったそうで、ほかのお母さんからも「やはり本気を見せないと、ダメなんですね」と感心されたとか。しかし、Twitterがきっかけで記事が話題になると、これとは真逆の反応が次々と寄せられました。



 多かったのはやはり「これ普通にDVだよね」「単なる暴力による子供に対するマウンティング」など、暴力や恐怖によって子どもを押さえつけているだけ――という意見。また「躾(しつけ)の成功例として挙げているのが厄介」という人や、「たかがゲーム機だろうが『物を壊す事』を軽く見てはいないだろうか」「壊すものがゲーム機だろうと何だろうと、『他者』の私有財産を損壊しているという点で間違ってる」など、そもそも他人の物を壊すこと自体が違うという意見も見られました。

 さらに、高嶋さんの過去のツイートから「キレて子供の日記と宿題を破った」「バカな息子たちを怒鳴り続け、言うことを聞かないので家出をする決心をした」などのエピソードも次々発掘され、Twitterでは高嶋さんへの非難が集中。一時はWikipediaの「高嶋ちさ子」の項目が荒らされ、最終的に編集できないようにロックされるといった事態にも発展していました。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事